神奈川県地方自治研究センターは、神奈川において地方自治の発展と住民自治の定着を目指して、広く県民各層を結集した、地方自治と都市問題に関する専門的研究機関です。
お知らせ
■2018年度神奈川自治権センターセミナー
  「あらためて考える中核市への移行」

 =分権の推進と財政負担 自治のあり方という視点から=

  神奈川自治研センターでは、県内自治体における中核市への移行や合併等の課題について、自治分権のさらなる推進の一方、移行に伴う財政負担の増加、決定への市民参加や地域の代表制など「自治のあり方」という視点から調査・研究を進めています。

今回は、具体的に検討が進められている茅ヶ崎市の中核市への移行をテーマに下記のとおりセミナーを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

日 時
2019年01月16日(水) 午後6時〜8時
会 場
茅ヶ崎市文化会館小ホール
横茅ヶ崎市茅ヶ崎1-11-1 TEL.0467-85-1123
講 演
中核市制度の概要と自治体財政への影響(仮)
講 師
其田 茂樹さん(地方自治総合研究所 研究員)
シンポジウム
  岸 正明さん(茅ヶ崎市議会議員)
  大矢 徹さん(藤沢市議会議員)
  其田茂樹さん(地方自治総合研究所 研究員)
コーディネーター:佐野 充さん(神奈川自治研センター 理事長)
入場無料
事前申込
FAX:045−251−3199 
E-Mail:kjk@gpn.co.jp
お問合せ
公益社団法人神奈川県地方自治研究センター 
電話:045−251−9721

松下圭一の「自治体改革・都市政策論」の源流


―1960 年代・戦後日本の転換期のなかで―

関東学院大学名誉教授 鳴海 正泰






テーマ別調査・研究








※サイト内検索
New!
■2018/12/28
 新着図書リストを追加しました
■2018/12/20
 報告 11月の『内閣・政党支持率』の動向」を掲載しました
■2019/01/16
  2018神奈川自治研センターセミナー 
   「あらためて考える中核市への移行」
   =分権の推進と財政負担 自治のあり方という視点から=
■2018/12/11
 神奈川自治研センター・定例研究会のご案内
  「世論調査から見た2018年政治情勢」
■2018/11/15
 報告 10月の『内閣・政党支持率』の動向」を掲載しました
■2018/11/05
 新着図書リストを追加しました
■2018/11/05
 月報『自治研かながわ』No.172を掲載しました
■2018/10/10
 報告 6月の『内閣・政党支持率』の動向」を掲載しました
 報告 7月の『内閣・政党支持率』の動向」を掲載しました
 報告 8月の『内閣・政党支持率』の動向」を掲載しました
 報告 9月の『内閣・政党支持率』の動向」を掲載しました
■2018/08/28
 月報『自治研かながわ』No.171を掲載しました
■2018/08/13
 地方分権システム研究会
 『憲法92条地方自治の本旨と立法権分有の思考』
■2018/06/29
 月報『自治研かながわ』No.170を掲載しました
■2018/06/27
 「報告 5月の『内閣・政党支持率』の動向」を掲載しました
■2018/06/18
 役員体制を更新しました
■2018/06/18
 2017年度事業・決算・監査報告を追加しました
■2018/06/14
 第18回定時総会記念講演会
  『激動の世界をゆく』
   現場主義の取材で迫る「壁の正体」
■2018/03/02
 新着図書リストを追加しました
■2018/03/14
人口減少問題研究会
 (仮題)自治体の空き家対策の現状と課題
 〜相模原市の施策と他都市の事例から〜
2018/01/19 神奈川まちづくり研究会のご案内
 公共施設へのネーミングライツの導入の現状と課題
  =神奈川県内の事例を中心に
2017/12/06 定例研究会のご案内
 『衆院選の結果分析と今後の政治情勢』
2017/11/29 神奈川まちづくり研究会
(仮題)東日本大震災の教訓---
 空撮映像を通して考える現状の問題

map