2009/04〜2010/03



号数 通算 発刊月 頁数 概   要
113 177 2009/04 22 自治体議会改革を市民自治の観点から捉える

2008年度第2回地方分権システム研究会待ったなし地方議会改革 
 -その現状と課題を考える-
  全国都道府県議会議長会 元議事調査部長 野村 稔

神奈川県が都道府県で初の自治基本条例を制定
 -県議会が付帯意見つきで修正可決-
  編集部

「鎌倉市自治基本条例素案大綱」がまとまる
 -鎌倉市自治基本条例策定市民会議が市長に提出-
  編集部

2009年度3月通常総会聞かれる
114 178 2009/06 26 2009年度神奈川県自治研究センター通常総会記念シンポジウム
  議会基本条例と自治体議会改革

2009年度第1回定例研究会
  2009年度介護報酬改定と介護保険料への影響(前編)
  日本大学文理学部助教 畠山 輝雄

公共サービス基本法が成立
 -この次をどうするかが求められている-
  編集部

新公益法人制度の公益認定がスタート
 -神奈川県で移行認定につき始めて答申が出る-
  編集部
115 179 2009/08 30 2009年度第1回地方分権システム研究会
 どうなる第2次地方分権改革
  -改革はフリーズ?、事実はゴー・アヘッド-
   作新学院大学教授 沼田 良

2009年度第1回議会問題研究会
 住民自治時代の議会の役割と課題
  -神奈川県における地方議会改革を考える-
   山梨学院大学教授 江藤 俊昭

2009年度第T回定例研究会
 2009年度介護報酬改定と介護保険料料への影響(後編)
   日本大学文理学部助教 畠山 輝雄
116 180 2009/10 24 自治基本条例の策定過程と市民参加の可能性
 -県内市町における公募市民登用の事例から-
  (社)神奈川県地方自治研究センター研究員 谷本有美子

野田市で日本初の公契約条例が成立
 -「国と一線を父える覚悟」(島根市長)
  (社)神奈川県地方自治研究センター事務局長 勝島 行正
117 181 2009年特別号 51 特集2009年政権交代の総選挙結果を分析する
 (社)神奈川県地方自治研究センター理事長 上林 得郎 著

第I部 全国の選挙結果と有権者の動向

第U部 神奈川県内の選挙結果とその特徴

質料編
 T.全国
 U.神奈川県内
 V.年表
118 182 2009/12 20 インタビュー
葉山町議会基本条例の制定と今後の活用
  (社)神奈川県地方自治研究センター理事 横山すみ子

総務省が指定管理者制度の導入状況調査結果を公表
 -前回調査(2006年)から約8,000施設の増加-

緊急シンポジウム「公契約を考える」開かれる
 -約200名を超える参加で、熱い討論が行われる-

相模原市の政令指定都市への移行が決定
 -全国で19番目、県内で3番目、戦後誕生の市では初の政令市に-

Topics・トピソクス・とびっく
119 183 2010/02 30 2009年第参回定例研究会
 2009年連邦議会選挙とメルケル中道右派政権の成立
  -ドイツ総選挙の結果と今後の行方-
   早稲田大学社会科学総合学術院教授 坪郷 實

政権交代による財政運営の変革
 -2010年度予算編成と地方財政対策-
  (社)神奈川県地方自治研究センター理事長 上林得郎

鳩山政権「地域主権戦略」の現在(いま)を俯瞰する
 -政治主導で「地域主権の確立」へ、着手から5ヶ月の軌跡-
  編集部

田村明先生の逝去を悍む
  (社)神奈川県地方自治研究センター理事長 上林得郎