神奈川自治研センター・定例研究会のご案内

 「世論調査から見た2018年政治情勢」

  


神奈川自治研センター・定例研究会のご案内
「世論調査から見た2018年政治情勢

 2018年は、財務省の「公文書改ざん問題」や自衛隊の「日報隠ぺい問題」等で政府の失態が目立ち、国民の批判が高まる中でも、安倍晋三首相が自民党総裁として3選され、新内閣が発足しています。この政治体制で、2019年春には統一地方選挙、夏には参議院議員選挙が実施される年を迎え、10月には消費税10%への引き上げも行われる予定です。

 そこで、年の瀬が迫るこの時期に2018年の政治情勢を振り返りつつ、2019年の政治課題を皆様と考える機会を設けることとなりました。

 当センター研究講師の勝島行正さんは、新聞各社の世論調査の動向を調査分析し、センターのウェブサイト上で逐次その内容を発表してこられましたので、当日は、議論のための材料としてその内容をご報告いただきます。。

日 時
2018年12月11日(火) 午後1時30分〜3時
会 場
神奈川県地域労働文化会館 2階会議室
横浜市南区高根町1−3(横浜市営地下鉄阪東橋駅下車)
講 師
勝島 行正 さん (神奈川自治研センター研究講師)
入場無料
事前申込
FAX:045−251−3199 
E-Mail:kjk@gpn.co.jp
お問合せ
公益社団法人神奈川県地方自治研究センター 
電話:045−251−9721