神奈川県地方自治研究センターは、神奈川において地方自治の発展と住民自治の定着を目指して、広く県民各層を結集した、地方自治と都市問題に関する専門的研究機関です。
お知らせ

「自治研かながわブックレットNo.4」発行しました

神奈川大学経済学部教授(大規模災害対策研究プロジェクト)/神奈川自治研センター理事佐藤孝治著

「大規模災害と犠牲者への対応-首都圏斎場の能力と広域火葬の課題-」

本書は、神奈川大学の大規模災害対策研究プロジェクトで、被災地の復旧・復興状況について継続的に現地調査に取り組んできた著者が、発生が懸念される首都圏大規模災害における、膨大な数の遺体の処置という問題を直視して研究に取り組んできた成果です。首都圏の火葬場への聞き取り調査と現在の災害対策を検証する中から、その対応能力の危機的状況を明らかにした書籍は希少で、自治体の災害対策関係者には必読です。

◇内容
目次
 1.はじめに
 2.大規模災害発生後の犠牲者に対する対応
 3.大規模災害と首都圏斎場の能力
 4.大規模災害と首都圏の課題
 5.おわりに
 資料:「関東大震災当時の横浜火災図」ほか
◇頒布価格 1000円
◇お問い合わせは・・・(公社)神奈川県地方自治研究センター
TEL.045-251-9721



松下圭一の「自治体改革・都市政策論」の源流

-1960年代・戦後日本の転換期のなかで-


関東学院大学名誉教授 鳴海 正泰







テーマ別調査・研究








※サイト内検索

*当センターの【お問合せ】に不具合が生じていましたが、2019年7月12日に復旧いたしました。

ご利用された皆様へはご迷惑をお掛け致しました。お詫び申し上げます。
New!
■2020/05/29
 新着図書リストを追加しました
■2020/05/12
 月報『自治研かながわ』No.182を掲載しました
■2020/03/31
 役員体制を更新しました
■2020/03/16
 202年度 事業計画、予算書、予算書内訳を追加しました
■2020/03/12
 総会記念講演会 ※中止
  SDGsをローカル化する 『地域循環共生圏』構想 ※
■2020/01/21
 神奈川県地方自治研究センター 定例研究会
 「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の制定について
■2019/11/18
 月報『自治研かながわ』No.178を掲載しました
■2019/10/28
 月報『自治研かながわ』No.179を掲載しました
■2019/11/28
神奈川自治研センター研究会のご案内
ドローン空撮で考える房総半島南部の被災状況
 −台風15号被害と防災力の空洞化の懸念−
■2019/09/23
 首都近郊に迫る大規模地震への対策
  「かながわ地域防災研究会」公開セミナー
■2019/07/12
 神奈川自治権センター  定例研究会
  『2019年統一地方選挙の結果を読む』
■2019/06/25
 神奈川自治研センター・定例研究会
 「(仮)新たな在留資格と外国人労働者を取り巻く現場課題」
■2019/06/14
 神奈川県地方自治研究センター総会記念フォーラム
 人口減少問題研究調査報告
 『人口急増時代から減少期へ(1960年→2020年)
     ―神奈川の特徴を探る―』


map