2018神奈川自治研センターセミナー

 「あらためて考える中核市への移行」

  =分権の推進と財政負担 自治のあり方という視点から=

  


2018神奈川自治研センターセミナー
「あらためて考える中核市への移行」

=分権の推進と財政負担 自治のあり方という視点から=

  神奈川自治研センターでは、県内自治体における中核市への移行や合併等の課題について、自治分権のさらなる推進の一方、移行に伴う財政負担の増加、決定への市民参加や地域の代表制など「自治のあり方」という視点から調査・研究を進めています。

今回は、具体的に検討が進められている茅ヶ崎市の中核市への移行をテーマに下記のとおりセミナーを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

日 時
2019年01月16日(水) 午後6時〜8時
会 場
茅ヶ崎市文化会館小ホール
横茅ヶ崎市茅ヶ崎1-11-1 TEL.0467-85-1123
講 演
中核市制度の概要と自治体財政への影響(仮)
講 師
其田 茂樹さん(地方自治総合研究所 研究員)
シンポジウム
  岸 正明さん(茅ヶ崎市議会議員)
  大矢 徹さん(藤沢市議会議員)
  其田茂樹さん(地方自治総合研究所 研究員)
コーディネーター:佐野 充さん(神奈川自治研センター 理事長)
入場無料
事前申込
FAX:045−251−3199 
E-Mail:kjk@gpn.co.jp
お問合せ
公益社団法人神奈川県地方自治研究センター 
電話:045−251−9721